12 May, 2019

本藍

こんばんは。

日に日に軽装にはなってきましたが、

そうなると目を惹くのが、

「パンツ」

ですよね。

最近はゆるめのシルエットも年齢問わず、

すんなりと取り入れる方が増えているので選択肢は広がったかなと。

という事で本日もおススメの一本をご紹介です。

 

 

 

 

 

<CURLY>

191-43031AI アズテックフィールドトラウザーズ with 阿波インディゴ

 

 

 

 

 

ミリタリーウェアに見られるムラ感のある生地をイメージして製作されたCURLYらしくハイゲージの編み地を使用。
太さにムラのあるリサイクルコットンに加えムラのない糸を使用して編み立てる事で生地表面に細かな凹凸を。
それにより生地面も表情が豊かに。
職人の技術によりムラ糸では難しいとされるている薄さとハリ感をハイゲージで編み立てる事で完成させた渾身の一本。

 

 

 

 

 

ゆったりとしたシルエットながら丈感や絞る所の絞りによりだらしないようなゆるさには見えない絶妙な一本。
最近の「ゆったりとしたパンツ」は基本的には「計算尽くされて」仕上げられておりますので、苦手意識があるという方は一度穿いてみるとわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

U.S.ARMYのミリタリーパンツをモチーフにしたコチラ。
感覚としてはカーゴパンツを穿くように合わせて頂くと使いやすいかと。
ディティールも再現しつつ、オリジナルの仕立てとパーツ使いにより都会的な佇まいに。

 

 

 

ウエスト部分にイージーコードを配しておりますので、楽に穿いて頂けます。

 

 

 

ミリタリーパンツをモチーフにという事で裾にもコードを配しております。
合わせるシューズ、ソックスに応じて使い分けも出来るのでより活用の幅は広がりますね。

 

 

 

 

 

<about AWA INDIGO>

日本の藍は日本固有の植物である「蓼(たで)」から取られ、深いブルーを出す事が出来ます。特に「阿波の藍」は徳島の吉野川に育まれた肥沃な平野で、藍作農家が育てた葉藍を原料としている。この地の藍はその品質の良さから「本藍」(本場の藍)、その他の地は「地藍」(地方の藍)と呼んで区別され、全国各地で重宝されてきました。その藍で「徳島県無形文化財に指定された藍師」によって染め上げられております。

その品質の高さからも別格扱いとされ「本藍」は一度で濃い色に染められない為に、染める、絞る、乾かすの工程を一枚づつ手業で何度も繰り返していくことで特有の深みのある色が醸し出されています。

また耐久性も高く、燃えにくい性質をも持つ本藍。
殺菌作用・防虫効果・消臭効果にも優れており、更にはUVカットにも優れております。

 

 

 

 

 

TEE SHIRT : NEGATIVE DENIM
CUT & SEW : CURLY
PANTS : CURLY
CAP : THING FABRICS

デニムを始め、ワークパンツがお好きな方にはたまらない一本。
ボリューム感と整えられたシルエットのさじ加減も非常に良く仕上がっています。
サラッとシャツ、Tシャツ、カットソーというスタイルにはとても相性の良いパンツですね。
こういったシルエットの物を装いに加えるとお手持ちのアイテムのまた違った雰囲気にまとまるかと。

 

 

 

 

ガシガシと穿いて「本藍」ならではの経年変化も楽しんで頂きたいです。
新品よりも何度か洗った方が格好良くなる一本です。

 

 

 

 

 

以上、

本日は「CURLY」よりおススメの一本をご紹介。

大人受けの良いバランスが既に好評頂いております。

そういった意味ではマニアックではあるのですが、

CURLYは本当、

どのアイテムを作っても上手いのでおススメですよ。

それでは。

 

 

ランボー

 

MATILDAの各オフィシャルSNSも是非フォロー宜しくお願いします。FB-YOKOTW-YOKOLINE-YOKOINSTA-YOKO

  • 05 Jul, 19

    「comm.arch.」のボーダーニット

  • 19 Jul, 19

    遥かなる旅路、さらばランボーよ