03 May, 2019

ジャケットが使える季節

こんばんは。

本日はジャケットをご紹介。

暖かになってきた事でジャケットをメインとしてサラリと羽織っている方、

ジャケットが欲しいという方も増えてまいりましたので。

本日はそんなジャケットを使った春らしい合わせを。

それでは早速ご確認下さいませ。

 

 

 

 

 

「KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHENT」

KG91-005 強撚ドライポプリン2Bジャケット

強撚ドライポプリンを使用した2ボタンのテーラードジャケット。
KAZUYUKI KUMAGAI独自の無駄をそぎ落としたスッキリとしたデザインは素材の風合いの良さを引き立ててくれます。合わせ方次第で幅広い季節に対応してくれるジャケットです。

 

 

 

JACKET : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
TEE SHIRT : ATTACHMENT
PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
KNIT CAP : POET MEETS DUBWISE
SHOES : ATTACHMENT

 

 

ジャケットをメインに、その他アイテムをブラックで統一。
中々ないカーキのジャケットは合わせやすくも目を惹いてくれます。
パンツのシルエットで装いにメリハリを。足元に重厚感を持たせ都会的な大人のカジュアルスタイルに。

 

 

 

インナーにはMUTEK.JPとのコラボTシャツ。
さりげないプリントが洗練された印象の強いKAZUYUKI KUMAGAIやATTACHMENTのアイテムと良く合います。
KAZUYUKI KUMAGAIやATTACHMENTがお好きな方は「無地物」をという方が多いですが、こういったプリント物を合わせる事で「らしさ」を演出して頂けますね。

 

 

 

KAZUYUKI KUMAGAIのジャケットを愛用して下さっている方にはお馴染みのホックディティールも実用的。
こういった素材使いにて仕上げているのでよりブルゾンのようにも着て頂けますね。

 

 

 

 

 

「WHITE LINE」

WLJ3605 WL タイプライターストレッチテーラードジャケット

軽く適度なハリ感のあるタイプライター地を使用したテーラードジャケット。
程よくストレッチを効かせ、着用感にも考慮した一着です。総裏仕立て、本切羽という仕様ながら、かしこまり過ぎないシルエットが大人の余裕を感じさせるジャケットです。

 

 

 

JACKET : WHITE LINE
VEST : MOUT RECON TAILOR
TEE SHIRT : NEGATIVE DENIM
PANTS : CURLY
CAP : THING FABRICS

 

 

 

コチラのジャケットはブラック。ジャケットでも皆様一番お持ちの色かと。
インナーのレイヤードを始め、ボトムのカラー、帽子を合わせ「コーディネート」としてまとめました。
汎用性抜群の黒ジャケット、スタンダードにもモチロン合いますが、こんな感じで遊びを加えるのも楽しいものです。

 

 

 

インナーにはプリントTシャツ×ベスト。
メッセージ物によるこなれ感が普段使いのジャケットスタイルにすんなり。
幅広く使えるジャケットですが、暖かになるにつれ、こういった合わせは見た目にも涼しげで良いですね。

 

 

 

わかりやすく言う所のスーツ地のジャケットではないので、ラフに崩して着ても。
あくまでもテーラードジャケットではあるのですが、感覚としてはカバーオールやシャツジャケットを着るような手軽さです。

 

 

 

 

 

以上、

春のスタイルで活躍してくれるおススメのジャケットをご紹介致しました。

「何か物足りない」

をサックリと解消してくれるジャケット。

薄着でも洒落感を演出しやすいアイテムなのでやっぱり良いものです。

気軽に羽織れる汎用性抜群なジャケット。

是非店頭にてお試し下さいませ。

 

 

また、

「ゴールデンウィーク限定企画」の、

 

コチラも「5/6(月)」までとなります。

どうぞこの機会をお見逃しなく!

皆様のご来店、ご利用お待ちしております。

 

 

ランボー

 

MATILDAの各オフィシャルSNSも是非フォロー宜しくお願いします。FB-YOKOTW-YOKOLINE-YOKOINSTA-YOKO