YSTRDY’s TMRRW×Tricker’s

春の足元。
秋冬シーズンとはガラリと皆様変わってまいります。

ジワリジワリと人気が出てきいるのがガシガシと履く事の出来るカジュアルスタイルにもすんなりと対応した外羽根の革靴。

今回は「YSTRDY's TMRRW」と「Tricker's」によるコラボレーションの一足をフューチャーです。

YSTRDY's TMRRW仕様

英国のカントリーブーツといえばTricker'sという程に有名なメーカー。

そのTricker'sとYSTRDY's TMRRWのコラボレーションによるシューズがリリース。

デザイナーの菅野氏が素材、カラーを厳選。アイレット、シューレースを同系色でまとめる事でよりマニアックな渋さを醸し出す一足にまとまり、Tricker'sお馴染みのストーム付きコバとそのステッチがより引き立つよう仕上がっております。

またアッパーを一枚革にて仕上げる事で独自の柔らかさと軽さ、また履き込んだ際の雰囲気の良さを意識して製作されております。

 

 

 

Tricker'sならでは

こういったコラボレーションのタイプにはソールに遊びや変更を加える所も多いですが、Tricker'sの特徴でもある履き込んで馴染んだ際の柔らかさ、着用感の良さ、馴染みを意識してレザーソールにて仕上げています。最初は硬さのあるレザーソールは履きこむ事でやわらかく非常に履き心地も良い自分だけの一足に。

 

 

 

気兼ねなく

Tricker'sのシューズと言えど、こういったスエード素材はガシガシと履き込んで頂きたいです。もちろんケアしながら綺麗に履くのも一つですが、あえてダーティーに履くのも格好良いものです。ベースが本格仕様なのでそういった狙いで履きたいという方にはそういったマニアックな意図もとても伝わりやすいかと思います。

流行に左右されない美しいフォルムと一生物と言えるクオリティは長く履き続ける事を前提として仕上げられております。味わいも増し、より貫禄が出てくる一足ですのでこの春に靴を新調という方には非常におススメです。

<商品ページはコチラ>