08 Mar, 2019

CURLY新作入荷情報 3/9(土)

こんばんは。

明日、

「CURLY」

より新作が入荷致します。

高い作り込みが魅力のCURLY。

今回入荷の新作もそんなクラフトマンシップに溢れたアイテムです。

それでは以下ご確認下さい。

 

 

 

 

 

「CURLY」

 

 

 

191-26021SD DELIGHT ディライトケープコート

ケープにコートのディティールを組み合わせ着やすくアレンジした一着。
バッグの上からでも羽織る事の出来るゆったりとしたしたシルエットと半端な袖丈はインナーとの組み合わせでコーディネートに変化を与えてくれます。気温に応じて着脱しやすくアクティブユースからタウンユースまで対応してくれます。
トルコのエーゲ海で栽培される綿を使い、空気で紡いだ空紡糸を使用。エーゲ綿は通常の空紡糸より繊維長が長くムラが少ない糸の為、綺麗な表情に。外側の撚りが強く内側に空気を多く含む為ドライで張りのある質感が特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

191-43031AI アズテックフィールドトラウザーズ with 阿波インディゴ

U.S.ARMYのミリタリーパンツをモチーフに腰周りをスッキリと収めてワタリからストンと落ちるワイドストレート。
ミリタリーウェアに見られるムラ感のある生地をイメージして作成されたカットーソー素材。太さにムラのあるリサイクルコットンとフラットな糸を使い、表面に細かな凹凸が出るうよう編まれています。職人の技術によりムラ糸では難しいとされるハイゲージで編み立てる事で薄さとハリ感を持たせています。

 

 

 

<about AWA INDIGO>

日本の藍は日本固有の植物である「蓼(たで)」から取られ、深いブルーを出す事が出来ます。特に阿波の藍は徳島の吉野川に育まれた肥沃な平野で、藍作農家が育てた葉藍を原料としている。この地の藍はその品質の良さから「本藍」(本場の藍)、その他の地は「地藍」(地方の藍)と呼んで区別され、全国各地で重宝されてきた。

その藍で徳島県無形文化財に指定された藍師によって染め上げられている。「本藍」は一度で濃い色に染められない為に、染める、絞る、乾かすの工程を一枚づつ手業で何度も繰り返していくことで特有の深みのある色が醸し出されています。

 

 

 

 

 

以上、

明日入荷の「CURLY」の新作をご紹介致しました。

今回も一着入魂の作り込み。

テンション上げてくれます。

またいずれもシルエットに変化をつけやすいので、

薄着になればなるほどにより目を惹いてくれますね。

それでは。

 

 

 

 

 

「つづき」

 

 

 

 

 

行ないます。

詳しくはまだ詳しくは書けませんので、

また来週。

 

 

ランボー

 

APP-BLOG下IPHONE-YOKOAND-YOKO

MATILDAの各オフィシャルSNSも是非フォロー宜しくお願いします。FB-YOKOTW-YOKOLINE-YOKOINSTA-YOKO