27 Jan, 2019

ATTACHMENT×Hiroshi Arai

こんばんは。

この週末も足を運んで頂きありがとうございました。

皆様「パンツ」ですね。

すごくわかります。

シーズンレスに穿けるパンツはシーズン初めのリリースが本当に選び時。

今時季は当然皆様冬の装い。

新作もパンツなら即取り入れられますもんね。

さて、

目線が下に行った所で本日は、

「ATTACHMENT」

から到着した「革靴」をご紹介。

何か靴をお探しでしたら、

「狙うはこの手」

です。

最近スニーカーばっかりだったという方は特にですね。

何にせよ靴を買うにしてもATTACHMENTならば安心。

それでは早速無くなる前にBLOG書いちゃいます。

 

 

 

 

<ATTACHMENT>

AA91-258 オイルレザープレーントゥ

QUALITY : COW HIDE
COLOR : BLACK

 

 

 

 

 

<about Hiroshi Arai>

1994年に、グッドイヤーウエルト製法が得意な靴工場に入門し。
靴職人の道を歩み始め、14年間にわたり技術・設計・材料に関しての知識と経験を積んだ。
2008年に「荒井弘史靴研究所(デザイン事務所)」を設立。

2012年にショップ「荒井弘史靴誂え室」を開店。
2015年に工房を増設し、より困難な形状の造形や履き心地のよさを追求するために、ハンドメイドによる作品作りを強化させ、2018年にパリで第1回目の個展を開催。日本人が考える「FOOTWEAR=靴(Kutu)」を創造して、各人にとってかけがえのない1足を届けるために活動を続けている。

 

 

 

 

 

 

外羽根のシンプルなプレーントゥシューズ。
シンプルが故に素材の上質さ、靴自体のクオリティはわかりやすく目を惹きますね。

 

 

 

ダイナイトソールと並びラバーソールの老舗「ハーバララバー社」の2大看板である「リッジウェイソール」を採用。細かいトレッドパターンが特徴的。波型のようなフィンの形状は、波状の「線」で足を支えてくれます。
歩行時の支点や作用点を考慮。ややソフトなフィッティングに。グリップ力は強く非常に歩きやすいソールです。

 

 

 

リッジウェイソールは1930年に登場。
ソールのウエスト部分に刻印されている「94%」というのはこのソールが考案された際のラバーの含有比率。
現在はその比率を60%台に変更し、耐久性やグリップ力などを更に向上させております。

 

 

 

基本的にはラバーソールを採用したカジュアル傾向の一足。
しかしながら英国発祥のラバーソールのため「上品」に仕上げられているのが魅力。
「トレッドパターン(ソールの溝)」がアウトステッチの内側に収まるように仕上げている為、ソールの凸凹部分がエッジに出ず、コバまわりをスッキリとみせてくれます。歩きやすさ、グリップを結構気にする方なのでこういった仕様はいつも気になる所。

 

 

 

靴を得意とするATTACHMENT。
純粋に良い靴を追求し続けているHirohi Arai。
最高の相性と言っても過言ではございませんね。

 

既に革靴のバリエーションとして外羽根のプレーントゥをお持ちという方は多いかとは思います。
しかしながら定期的に欲しくなるのがこういった靴。
ATTACHMENTを好んでくれる方を始め、洋服が好きな方にはこの一足は是非ゲットして頂き、長く愛用してもらって自分だけの一足に育て上げてもらいたいですね。

 

 

 

 

 

以上、

本日は「ATTACHMENT」からリリースされた革靴をご紹介致しました。

物として魅力的なのはモチロン、

コーディネートする上で加えておきたいコチラ。

黒の「プレーントゥ=カッチリ」というスタイルでは全くございません。

むしろカジュアル寄りなのが外羽根。

ラバーソールを採用しているのでわかりやすいですよね。

無論、小綺麗なスタイルに合わせてもハマってくれる一足ですが、

個人的には本当に日常履く一足として手入れしながらガシガシと履いて頂きたいです。

合わせとしても難しく考えずサラッと履いて頂ければ。

 

 

 

COAT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
CUT & SEW : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
DENIM PANTS : YSTRDY’s TMRRW
CAP : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
SHOES : ATTACHMENT

例えば昨年まではこういった合わせにスニーカーだったという方も、

足元を変えるだけで雰囲気もグッと変わります。

そこら辺はやはり使い分け。

靴は顕著に雰囲気の変化を表してくれるので、皆様靴が大好きなのかなと。

 

 

そんな靴好きにおススメしたいコチラ。

シーズン買い始めとしてパンツが猛威を振るっておりますが、

パンツとご一緒にいかがでしょう。

無茶苦茶おススメです。

 

 

ランボー

 

APP-BLOG下IPHONE-YOKOAND-YOKO

MATILDAの各オフィシャルSNSも是非フォロー宜しくお願いします。
FB-YOKOTW-YOKOLINE-YOKOINSTA-YOKO