30 Sep, 2018

気まぐれコーディネート 9/30

こんばんは。

本日は、

「気まぐれコーディネート」

を。ズラッと新作が揃ってきておりますので、

秋の装いを組みたくはなります。

「アレにコレ合わせて、アレ羽織って・・・」

楽しいものです。

それでは早速。

 

 

 

 

 

DENIM BOA JACKET : YSTRDY’s TMRRW
CUT & SWE : YSTRDY’s TMRRW
CUT & SEW : CURLY
PANTS : YSTRDY’s TMRRW
KNIT CAP : YSTRDY’s TMRRW
SUNGLASS : WHITE LINE
BOOTS : MR.OLIVE E.O.I

 

 

 

 

 

ゆったりとしたシルエットが絶妙なアウター。
意図したゆるさは袖を通すと収まりも良いです。

最近「大きいサイズ」の物を着ている若者も多いですが、正直「洋服に着られちゃってる」感は否めません。
「規格自体が大きいの洋服」「狙ってゆるく仕上げてる洋服」では全くの別物。
こなれ感を自然と演出してくれる優れ者です。

 

 

 

細部まで加工にこだわり、ボアからパーツにまで経年変化を思わせる仕上がりは雰囲気満点。
防寒性にも優れ、合わせ方次第で真冬にも対応してくれるコチラ。是非ガシガシと着込んで頂きたいです。
コーディネートもしやすいのでメインアウターに最適です。

 

 

 

 

 

インナーにはモックネックのデザインカットソー。
先日ご紹介したパンツ同様の「FAUX MOUTON(フォウムートン)」を後ろ身頃と袖に使用。
前身頃は裏毛のスウェット地と同系色で素材を切り替え。
ガッシリとした素材と柔らかな素材のコンビは着用時独自のバランスを演出してくれます。

 

 

 

下にはCURLYの鮮やかなカットソーをレイヤードし、ブラックのトップス、パンツの合わせにメリハリと遊び心を。
最近は様々な素材、シルエットのカットソーのレイヤードを楽しめるようバリエーションも多いですが、今回合わせたブラックのモックネックはこのようにアウターを羽織っているかのような自然な浮きが後ろ身頃に出るのもポイント。コーディネートを組む楽しみ甲斐がある一着。むっちゃ暖かいのも個人的にはおススメポイントです。

 

 

 

 

 

 

ベロア素材のパンツにて適度な品とブラックコーディネートのポイントの素材感でのメリハリを。
ブラックを基調とした合わせはお手軽ながら、一歩間違うと急激に安っぽく見えちゃいますよね。
様々な素材が使われる秋冬はそういった悩みは解消しやすいので楽です。

 

 

 

 

 

足元はサイドゴアブーツにて引き締め。
こういったアイテムでも季節感は演出してくれるもの。スニーカー流行とは言え、そこは使い分け。
装いの雰囲気もグッと秋らしく、かえってこういった合わせの際はより狙ってる感は出せるかと。

 

 

 

個人的にもサイドゴアブーツ、そしてスエード素材が大好物な事もあり「E.O.I」の新作は激おススメしたいですね。
ラストもスタイリッシュなタイプなので大人っぽくまとまりますよ。
ウォータープルーフなのでこの手の色もガシガシ履けちゃうのは本当嬉しいです。
ビブラムのタンクソールなので冬もそのままどうぞ。

 

 

 

 

 

以上、

「気まぐれコーディネート」

基本気まぐれの名の通り、本当気まぐれです。

好きなアイテムを好きに合わせるのが楽しいですよね。

ルールは無いですが、自分自身が通ってきた合わせ方や、

トレンドの変化も受け入れつつの今な合わせ。

 

古着が流行り、

DCブランドが流行り、

インポートブランドが流行り、

ストリートブランドが流行り、

 

一通り通ってはきましたが、自分の中にあるのは昔から変わってないです。

 

古着ブーム。周りがこぞってアイリッシュセッターを履いていた最中トリッカーズのカントリー。

テーラードジャケットの中にニット感覚で合わせていたカーハートのパーカー。

インバーアランに当時珍しかったタイトなデニムを穿いてDCシューズ。

所謂モードな合わせにシュプリームの帽子。

 

もう20年近く前の話なので、

今でこそ当たり前になってる合わせが当たり前じゃなかった時代。

その時に感じた格好良さは今でも忘れられず焼き付いているので参考にしてます。

はい。

後書きが長くなりましたが、

という感じに気まぐれて行こうかと思います。

ファッションの秋も本番。

色々と楽しみましょう!

それでは。

 

 

ランボー

 

APP-BLOG下IPHONE-YOKOAND-YOKO

MATILDAの各オフィシャルSNSも是非フォロー宜しくお願いします。
FB-YOKOTW-YOKOLINE-YOKOINSTA-YOKO