09 Aug, 2018

買っておきたいアイテム

こんばんは。

箸休めではないですが、

この時季買いやすい小物を。

おかげ様でいずれも残り僅かとなった、

「キャップ」

をご紹介です。

シーズン通して、入荷も限られているので、

気になったタイプは早めのゲットがおススメ。

なんだかんだと後々探す事の多いアイテムです。

それでは以下ご確認下さい。

 

 

 

 

 

DSC_8965

<KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT>

KN01-701 ×NEW ERA スターアイレット 59Fiftyキャップ

 

 

 

DSC_8969

本来アイレットが開いている部分にKAZUYUKI KUMAGAIのアイコンを同色で刺繍。

 

 

 

DSC_8967

サイドのNEW ERAのアイコンも同色にて。
こういうのがそそるポイントです。

 

 

 

DSC_8961

 

DSC_8963

所謂スタンダードな型のベースボールキャップという事でサラッと合わせやすいかなと。
鍔のさじ加減やステッカーはお好みで。
個人的には冬場KAZUYUKIのコートをという方にはゲットして頂きたいアイテムです。

 

 

 

DSC_8971

<about NEW ERA>

1920年にエルハルド・クックがアメリカ・ニューヨーク州バッファローで創業。
MLB(メジャーリーグ・ベースボール)唯一の公式選手用キャップサプライヤー。
設立当初は紳士向けカジュアルキャップが、その主要なラインナップでした。既製服の概念が初めて登場し、熱狂的に受け入れられ始めた時代から、「ニューエラ」の商品は多くのユーザーに支持されました。ベースボールキャップの製造は1932年から始まり、1934年には初めてのMLB用キャップの製造を開始しました。最も代表的なスタイルのキャップ 「59FIFTY®」(フィフティーナインフィフティー)は1954年に誕生し、そのフォルムは当時から現在まで、ほぼ変わることなく受け継がれています。

 

 

 

 

 

DSC_8975

<YSTRDY’s TMRRW>

YT-H0303 Y’s T TEAM CAP by COMESANDGOES

 

 

 

DSC_8977

ボディと同色の刺繍がまとまり良いコチラ。
嫌味を感じさせない仕上がりは流石のセンス。

 

 

 

DSC_8981

鍔部分のコーデュロイがどこか懐かしい雰囲気も演出。
個人的にはガシガシとヨレ感が出るくらいまでかぶりたいキャップです。

 

 

 

DSC_8952

 

DSC_8957

帽子は何と言っても着用時のバランスが重要。
こればっかりは「慣れ」た者勝ちな所がありますので、「苦手、でも気になる」という方は早々にゲットして慣れちゃって下さい。これまたバランスも良いので手を出しやすいと思います。

 

 

 

DSC_8984

<about COMESANDGOES>

カムズアンドゴーズ(COMESANDGOES)は日本生産の帽子ブランド。
2012年に佐藤一歩 (Sato Kazuho)が設立。
「普通に良い物を、丁寧に作る。日々のユニフォームである事を理想とした帽子。帽子の歴史を踏襲しながら、それを現代の私たちの都市生活とファッションにフィットする物へと進化させたもの。」を掲げたこだわりと固定概念にとらわれない物つくりを続けています。

 

 

 

 

 

 

以上、

本日はキャップをご紹介致しました。

おかげ様で残りいずれも1点となっております。

冒頭でも述べたようにリリースが限られているアイテムですので、

 

DSC_8986

気になった方は是非!

それでは。

 

 

ランボー

 

APP-BLOG下IPHONE-YOKOAND-YOKO

MATILDAの各オフィシャルSNSも是非フォロー宜しくお願いします。
FB-YOKOTW-YOKOLINE-YOKOINSTA-YOKO