18 May, 2018

春の装い特集+α

こんばんは。

何やら今日明日はグッと寒くなるようですね・・・

これもまた北国の春ならでは。

何だかんだ毎年あるもんです。

本日は久々に、

「春の装い特集」

まいりましょう。

タイトルにもある通り、

「+α」

という事で、

気温差の激しい春。

暖かな夏。

双方を意識してご紹介致しますね。

 

 

 

 

 

#1

DSC_6560

「ずば抜けた汎用性のカーキブルゾン」

BLOUSON : Lounge Lizard
SHIRT : Lounge Lizard
TEE SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
PANTS : MR.OLIVE

 

 

 

DSC_6563

 

DSC_6565

サッと着やすいブルゾン。
コーデュラナイロンを使ったコチラはガシガシと着れる良い相棒。
シルエットの良さはもちろん「ライダースとドリズラーを合わせたような汎用性の高さ」と素材へもこだわった一着はメインとして大活躍です。

 

 

 

DSC_6571

そのままアウターを脱いでの装い。
ボタンを開けてストライプシャツをサラッと羽織り感覚で。
バンドカラーはサラリと羽織っても雰囲気良いですよね。シャツスタイルでもありきたりにならないのが気に入って着てます。

 

 

 

 

 

#2

DSC_6583

「雰囲気満点の春コート」

COAT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
TEE SHIRT : WHITE LINE
PANTS : Lounge Lizard
HAT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

 

 

 

DSC_6587

 

DSC_6584

ナイロンべースの軽いチェスターは春のコートとして最適。
チェスター特有の雰囲気を春夏もという方は重宝しているのではないでしょうか。
KAZUYUKI KUMAGAIのコチラは着崩しても違和感なく、ホックも実用的。
ストレッチも効いているので着心地も抜群。

 

 

 

DSC_6575

既に春アウターの中にTシャツや半袖アイテムをという方も増えてきているので、こちらは半袖を。
リラックス感、清涼感のあるオープンカラーシャツは春夏シーズンは心強い味方になってくれます。
今回はTシャツで色味を入れ、スタイルとして去年とはまた異なる合わせに。
今季「色味のあるTシャツ」が多いですが、小技を効かせてくれるので便利です。

 

 

 

 

 

#3

DSC_6590

「独自かつ最強の汎用性のパーカー」

PARKA : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
CUT & SEW : FACTOTUM
PANTS : Lounge Lizard

 

 

 

DSC_6591

 

DSC_6594

いわずもがななんせ便利なジップアップパーカー。
春夏はメインとしても活躍させやすいので良いもんです。
KAZUYUKIのパーカーは独自のバランスとカッティング、ハイゲージ裏毛の程よいコシによりブルゾンのような印象でも着れるのが良いですね。

 

 

 

DSC_6598

パーカーを脱ぐとサラッとドライな肌触りが心地良いプルオーバー。
パネルの切り替えが一枚で着ても目を惹き暑い時季のメインとしても活躍してくれます。
ハーフジップ仕様なので開閉により印象をガラリと変えやすいです

 

 

 

 

 

以上、

本日は久々に「春の装い」をご紹介致しました。

こうも気温差があると、

「何着て良いか」

「何を買い足そうか」

という感じに悩まれる方もいるかもしれませんが、

少しでも参考にして頂けると幸いです。

 

DSC_6558

それでは。

 

 

ランボー

 

18SS-BLOG下

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!