01 May, 2018

フィールダー13の使いやすさ

こんばんは。

連休中という方にも、

お仕事という方にも、

平等に訪れる春。

暖かな日の下、お出掛けやイベントへ赴く事の増えてきますよね。

という事で本日はそんな時に持っておきたい、

「バッグ」

をご紹介。

持っていると非常に便利なのですが、

なかなか買うタイミングが分らず逃しがちという方も多いのではないでしょうか。

おかげ様で、取扱い開始以来大好評頂いている、

 

「beruf baggage」

 

シンプルで洗練されたデザインながらも実用性に富んだ仕上がり。

実際に使っていてかゆい所に手が届くバッグってこんなにもストレスレスで楽に使えるんだなと感動します。

連休前に入荷し、再び揃った「GEARED」。

UCシリーズやCFシリーズとはまた異なる切り口がらしさはそのままに、

新鮮さを感じさせてくれますね。

という事で前置きが長くなりましたが、おススメご紹介致します。

 

 

 

 

 

<GEARED by beruf baggage>

detail00

brf-GR01 FIELDER 13

PRICE / ¥20,000(+tax)
サイズ / 幅 26cm 高さ 50cm マチ 15cm
容量 / 13ℓ
重量 / 350g
素材 / X-PAC(210D NYLON with X-PLY® layer)

「FIELDER 13」は軽装備で楽しめるアウトドアアクティビティのために開発された、ライトウェイトのバックパックです。背中からはみ出ることないコンパクトなサイズ設定と、抜群のフィット感を誇るこのアイテムは、フィールドで過ごす週末をより快適に、充実したものとするでしょう。

 

 

 

 

 

DSC_6239

 

DSC_6246

縦方向に大きく開くメインコンパートメント。
背面側にはハイドレーションパックを固定できるストラップ(上下2本)を配置しています。

 

 

 

DSC_6240

収納アレンジとして、ストラップにはカラビナで小物を吊り下げたり、下段のストラップを使って13インチのPCを固定することも可能。コンパクトかつ「都市型のデイパック」としてもお使いいただける収納アレンジ。

 

 

 

DSC_6244

両サイドにはストレッチ性のあるメッシュ素材を採用した深めのポケットを配置。
高さや長さのあるものの収納にはこちらが活躍してくれますね。

 

 

 

DSC_6233

 

DSC_6235

左右30°の可動域をもつバックルパーツが、肩幅に合わせてショルダーハーネスの開き具合。
肩幅や首の太さに合わせて、最適なポジションをキープします。

 

 

 

DSC_6226

 

DSC_6227

 

DSC_6228

 

DSC_6231

「片手で簡単に操作できるチェストストラップ」と背面にプリントされたシリコン樹脂のロゴプリントが着用時のフィットをサポート。本当快適な着用感。この仕様かなり好きです。

 

 

 

DSC_6237

 

IMG_1680-700x467

なんと言っても「X-PAC」が最高。それだけで購買意欲をそそります。
ハードな環境にも対応する「軽量性 / 耐久性 / 耐水性」に優れた機能を持つ「X状のフレーム」が特徴の素材。
「4層レイヤー加工」による「高度な耐水性」「薄さと軽さ」を兼ね備えています。
表層の210デニールナイロンに施された「超撥水加工」と、薄さ0.25mmのPETフィルムによりバッグの中は常にドライ。

 

 

 

DSC_6222

 

DSC_6221

 

DSC_6218

サイズも程よく、日常使いとして最適。
使い勝手の良さに重点を置いた機能美からなるデザインも着用時映えますね。

 

 

 

 

 

DSC_6213

暖かくなり、外出する機会、外での行楽、イベント事なども増えてくると使い勝手の良いバッグが重宝するもの。

使いやすく、タフな仕様のコチラは文句なしな仕上がりです。

スタイルも問わずに取り入れやすいムダを削いだデザインですので、

様々な用途にてお使い頂けるかと。

 

DSC_6229

おススメですよ。

それでは。

 

 

ランボー

 

18GW-BLOG下

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!