18 Apr, 2018

タフな春ブルゾン

こんばんは。

ポカポカ陽気の昨日今日。

ようやく「春」を実感。

本当、ようやくです。

さて、

いざ暖かくなるとメインアイテムに困る方もいらっしゃるかと。

メインが決まれば自然とコーディネートも組みやすいですし。

という事で先日のコートに続いて本日も春のメインアイテムに最適な一着を。

では早速。

 

 

 

 

 

DSC_5848

<Lounge Lizard>

no.5710 コットン×コーデュラオックスフライトジャケット

 

 

 

 

 

DSC_5838

 

DSC_5839

男らしい無骨な雰囲気の一着もLounge Lizardらしく現代にマッチしたバランスに。
スッキリとさせて様々なシルエットのアイテムとの相性も良く仕上げております。

 

 

 

DSC_5863

 

DSC_5849

コットンベースにしながらコーデュラナイロンを混紡させた糸でザックリと仕上げているオックス地。
男らしい面構えに耐久性も加わり、ガシガシと活用して頂けます。裏地も同系色というのが大人な印象です。

 

 

 

DSC_5851

メインのポケット、

 

DSC_5852

そしてお馴染みのパッチポケットのサイドに配したハンドウォーム。
実用的な仕上がり。

 

 

 

DSC_5856

 

DSC_5858

ハイネックのリブ仕様。
スタンドカラーブルゾンのように着ても良いですし、折り返して着るのもアリですね。
様々な着方をしてなんぼな一着ですので、そういった変化を楽しめるというのは嬉しい仕様です。

 

 

 

DSC_5854

裾の絞りもリブで切り替えている仕様とは異なるのでよりスッキリとした印象に。
絞りも強く過ぎないのでサラリと合わせやすいです。

 

 

 

DSC_5861

Lounge Lizardのアウターとジップと言えばすっかりお馴染みのランポ。
個人的にはこの手のアウターにあえてランポを使用しているというのがメンズならではで好んでいます。

それではコーディネートも。

 

 

 

 

 

DSC_5834

 

DSC_5832

BLOUSON : Lounge Lizard
KNIT : FACTOTUM
DENIM PANTS : Lounge Lizard

こういったアウター、まず思い浮かぶはデニムパンツでのコーディネート。
はい。合わない訳がありません。デニムが装いのベースという方も多いと思いますので、
迷ったらまず間違いないかなという一着。インナーにはニットを合わせ程よいリラックス感を。

 

 

 

DSC_5842

 

DSC_5846

BLOUSON : Lounge Lizard
TEE SHIRT : Lounge Lizrd
CUT & SEW : Lounge Lizard
PANTS : comm.arch.
SUNGLASSES : WHITE LINE
CAP : WHITE LINE

鉄板のデニムも良いですが、ワイドパンツとの相性も抜群。
スッキリとさせながらもビタ過ぎないシルエットなので程良いバランスにまとまります。
割と気まぐれな合わせですが、こんな感じで合わせるのも地味にならず良いかなと。

 

 

 

以上、

おススメのブルゾンをご紹介致しました。

やっぱり春ブルゾンってどんな合わせにもサラッと着れて便利ですよね。

暖かになってきたとは言え、北海道は朝晩の気温差が激しいのでこの手のアウターは非常に実用的。

 

DSC_5836

汎用性にも優れたデザインとタフな仕上がりなので、是非ともメインとして活用して頂きたいです。

それでは。

 

 

ランボー

 

18SS-BLOG下

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!