06 Nov, 2017

超極上モヘアニット

こんばんは。

さて。

 

 

 

DSC_1015

こんな感じで「ニット」がズラッと揃ってまいりました。

ほぼ揃いきりましたね。

という事で連日ニットのご紹介です。

それでは早速。

 

 

 

「comm.arch.」

DSC_1010

HAND FRAMED MOHAIR P/O

COLOR / SANDALWOOD , HEAVY CLOUDS , BLACKOUT

 

 

 

DSC_1011

「モヘア」でもとても珍しい、化繊が一切混じっていない自然素材のみのモヘア糸で仕上げたプルオーバーニット。
貴重なキッドモヘアを40%使用しているので非常に肌触りが良くアルパカ、ウールも混紡しているのでしっかりとした弾力もあります。ハンドフレームのみでニットを製作している職人の手により、時間をかけて丁寧に製作された一着。

着用感の心地よさを始め、天然繊維のみのモヘアならではの高級感。
袖を通した時の軽さは正に必見です。軽く暖かく、雰囲気も満点という事無しな逸品と呼ぶにふさわしいcomm.arch.だからこそというモヘアニットです。

 

 

 

DSC_0998

 

DSC_0996

 

DSC_0994

「SANDALWOOD」

今季ピンポイントで人気のこの手の色味。
コチラのモヘアも例外ではなく手に取って頂いております。
暖かみがあり、モヘア独自の質感も存分に発揮してくれる色味ですね。洒落たカラーです。
ダークトーンを始め、上記のような色のパンツとも好相性。中間色という事で汎用性も抜群です。

 

 

 

DSC_1008

 

DSC_1006

 

DSC_1002

「HEAVY CLOUDS」

濃くもなく薄くもないという絶妙な色味のグレー。
どこか都会的な匂いを感じます。小綺麗にもカジュアルにも振りやすいコチラ。
うーん、どうしようと迷ったら間違いないです。
インディゴデニムが多いという方はコチラ良いかと。

 

 

 

DSC_0992

 

DSC_0990

 

DSC_0989

「BLACKOUT」

オールブラックモヘア。かなりマニアックですね。
なんでしょう、天然繊維のみで仕上げられている事もあり自然な光沢が艶っぽい雰囲気。
ラグジュアリーな感もありながら、モヘアニットらしいリラックス感のあるシルエットなので嫌味なく着て頂けます。
オールブラックでモヘアニット加えるとか無茶苦茶格好良いですね。
これは大人の方に是非ともおススメしたいですね。

 

 

 

DSC_1013

素材感を存分に活かす為、デザインはあくまでシンプルに。
素材の持ち味、計算されたシルエットで勝負という一着。

comm.arch.と言うと「SADDLE B.B.」をお持ちの方も非常に多いと思います。
気に入って下さっている方も多いので雰囲気違いバージョンとしてバリエーションに加えて頂くと、コーディネートの幅もグッと広がるかなと。これからの時季はメインのアウターを酷使し、インナー、パンツの雰囲気でコーディネートの印象を変えるというケースが多くなるので、今季は特におススメなニットもこういったタイプ揃えると良いですよ。

シンプルなデザインが好みという方こそ、素材で変化をつける事で装いとしての面白味が増すものです。

 

 

 

以上、

本日はcomm.arch.の、

「超逸品」

と呼ぶにふさわしい一着をご紹介致しました。

なんでしょう、

「コレ10万円ッス!」

と仮に言われても

「そりゃあそうでしょうよ!」

って納得出来ちゃう上質さ。(実際は10万じゃないです)

本当、ここまで上質に仕上げたモヘアニットにはそうそうお目にかかれません・・・。

来年あたりモヘアが更に人気出そうですが、着れば着る程に雰囲気の良くなるのがモヘアですので、

先駆けてガシガシと着て頂きたいですね。

それでは。

 

 

ランボー

 

17AW-NEW-BLOG下

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!

  • 18 Nov, 17

    すっきりスタジャンコーディネート

    DSC_0726
  • 24 Nov, 17

    グレンチェックのダブルブレストチェスター