02 Jun, 2017

ゲットしておきたいトップス

こんばんは。

夏物探しという方が増えている今日この頃。

例えばトップス。

無地物が欲しいなぁ~と言っても、

 

DSC_5609

「カットソー」

 

DSC_5606

「ニット」

というように選択肢は分かれます。

まぁ夏物に関しては汗もかく時季なのでバリエーション持ってるのが間違いないのですが、

 

DSC_5612

「う~ん」

どちらかというと悩んでしまうものです。

そんな時は「その間」のようなアイテムを探すのも手。

という事で本日は、

 

 

 

DSC_5603

「コチラ」

ご紹介です。

 

DSC_5620

縦サーマル地を使用しながらニットのようなデザインで仕上げた一着。

商品名の名の通り「役に立つ」事間違いなし。

なので本日は色々なアイテムに合わせてみましょう。

では早速。

 

 

 

DSC_5587

「シャツのインナーに」

SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
CUT & SEW : Milok
PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
SANDAL : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

夏の鉄板、清涼感のあるシャツスタイルもインナーをこういったカットソーに変えると洒落感もグッと上がりますね。抜け感、リラックス感のあるオープンカラーのシャツのインナーとも相性良いので試して頂きたいです。

 

 

 

DSC_5592

「ブルゾンのインナーに」

BLOUSON : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

曇りや雨の日、また夜間に関しては夏でも肌寒さを感じる北国の夏。
こういったライトアウターを羽織る機会も出てきます。ハイネックながら半袖という事で上着を脱いでも涼しげ。

 

 

 

DSC_5586

「ウエストコートとの相性は文句なし」

WEST COAT : Milok

言うまでもなくMilokのウエストコートとの相性は抜群。
やはり双方を所有という方が多いのも納得です。これから更に注目の「ベスト」ですが、今回着まわしている一着は活躍してくれそうです。

 

 

 

DSC_5602

「ユーティリティー×ユーティリティー」

WEST COAT : Milok

ユーティリティーシリーズ新作のウエストコートと重ね着も◎
同素材ですが、まぁTシャツの下にロンT着るような心持で。こういったレイヤードスタイルにも対応してくれます。

 

 

 

そして話は最初に戻りますが、

カットソーとニットの間のような一着。

という事で、

 

 

 

DSC_5581

サラッとシンプルに着ても十分格好良いのがコチラ。
それでいて様々なアイテムとも相性が良いので着回し、レイヤードスタイルでも活躍してくれる優れ者。
是非ともこの夏のトップスバリエーションに加えて頂きたい一着ですね。
おススメですよー!

 

 

 

「Milok」

DSC_5614

M-163502 ユーティリティー S/S

ニットのような感覚で着る事が出来る縦サーマル地のハイネックカットソー。
1940年代から1980年代頃までの米軍へアンダーウェアを支給していたPigrim捨の縦に長いサーマルをベースにした生地を使用。肩縫い目を無くす事で腕と肩の稼働域を拡張することに成功。 着れば着るほどに馴染みも良い生地のコチラ、Milokならではの育てられるTシャツです。

 

 

ランボー

 

bnr_sale_sp

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。フォローして頂ければ幸いです!