01 Jun, 2017

MR.OLIVEの本格ボーリングシャツ

こんばんは。

本日はタイトルの通り、

「ボーリングシャツ」

をご紹介。

半袖シャツでも主役アイテムとしてしっかりと着映えするので、

薄着になってきても重宝しますね。

生地感としてもデザインとしても目を惹くコチラ。

夏の装いではこれ位目を惹いても丁度良いものです。

今回のBLOGでは着回しも。

では早速。

 

 

 

「MR.OLIVE」

DSC_5570

M-7153 ヴィンテージレーヨンツイル / ショートスリーブボーリングシャツ

クラシックなレーヨン100%のツイル地のボーリングシャツ。
型はボックスシルエット。襟やパイピングの配色、ボタン付きのサイドスリット、ワンナップのオープンカラーなど、ディテールもクラシック感を引き立てこだわりのデザイン。

 

 

 

DSC_5574

この生地感、最高ですよね。
そのデザインを始め、この生地にやられたという方も多いです。
テロッとしていながらも中肉の生地なので適度なコシもあり、着ていて安心感があります。

 

 

 

DSC_5572

今回は架空のオイルメーカーを刺繍のデザインに落とし込んでおります。
「缶Tシャツ」同様、MR.OLIVEがオイルと言うとなんだかしっくり。
そしてそのさじ加減もやはり上手いですね。

 

 

 

DSC_5556

レーヨン地でシルエットはボックスという事でストンと綺麗なシルエットを演出。
着用感が良くも、無駄なゆとりは排除という垂れる生地の良さをしっかりと引き出してくれています。

それでは着回ししてみましょう。

 

 

 

DSC_5554

DSC_5551

SHIRT : MR.OLIVE
CUT & SEW : VALLIS by FACTOTUM
DENIM PANTS : Lounge Lizard
BOOTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

王道というとやはりデニムパンツに合わせてでしょうか。
僕が中学生の頃、古着ブームという事でこういった合わせもやりましたが、当時とは全くシルエット、合わせる足元が変わってきますね。デニムのシルエットもそうですが、ブーツもレザーソールの6ホールにする事で男らしくも野暮ったくなりすぎないよう整えてくれます。

 

 

 

DSC_5560

SHIRT : MR.OLIVE
CUT & SEW : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
PANTS : MR.OLIVE

特に必須アイテムとも言える7分カットソー。コチラはKAZUYUKI KUMAGAIのロングタイプを。
結構雰囲気は変わるものです。パンツもナイロンパンツを合わせて現代的なボーリングシャツの合わせに。
王道なカジュアルアイテムも現代の合わせにすると新鮮さも感じて頂けるかと。

 

 

 

DSC_5568

DSC_5567

DSC_5563

SHIRT : MR.OLIVE
WEST COAT : Milok
SHORT PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
SANDAL : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

個人的にはこんな感じで着たいなぁ~と思っております。
Milokのウエストコートは超絶万能。こういったシャツの中に着ても良い感じ。着すぎて危険です。笑
これもまた現代的なボーリングシャツの合わせかなと。足元はアクティブさは押さえ、レザーのサンダルで引き締めると攻めたアイテムを合わせても落ち着いた印象にまとまるので好きです。

 

 

 

以上、

おススメなボーリングシャツをご紹介致しました。

昨年は無かったブラック。

この悪い雰囲気もまた良いもんです。

暖かな季節になったので、こういう主役なシャツを楽しんで着たいですね。

 

 

ランボー

 

bnr_sale_sp

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。フォローして頂ければ幸いです!