17 May, 2017

プラス1に最適な一着

こんばんは。

本日は目を惹きつつも汎用性に優れた一着をご紹介。

様々な着方で春夏の装いを盛り上げてくれます。

「プラス1」

な感覚でサラッと取り入れられるので、

既にヘビロテです。笑

では早速。

 

 

 

「Milok」

Milok_010

M-171501 ユーティリティーロングウエストコート

ヴィンテージのニットベストとロングカーディガンを足して割ったような品格をという点から製作されたロングウエストコート。1940年代から1980年代頃までの米軍へアンダーウェアを支給していたPigrim捨の縦に長いサーマル をベースにした生地を使用。ニットのように見えて、ずっしりとヘビーな質感のギャップが技有りな一着です。 着丈は長く両サイドに3つのボタン付きの切羽付き3つのボタンを外すとサイドが大きく開きます。 幅広い装いの主役としても、サブアイテムとしても活躍してくれる圧倒的な汎用性を誇る一枚です。

 

 

 

DSC_5011

DSC_5013

18-M-171501-(2)

ウエストコートという事で所謂「ベスト」として仕上げているコチラ。
しっかりとアームホールの脇部分にはゴムを入れベスト余分なたるみを軽減。
また合わせるインナーとの馴染み、落ち着きを良く仕上げております。

またこの手の「かぶるベスト」自体非常におススメです。
今の内に慣れておくのをおススメ致します・・・。(意味深)

素材はお馴染みの「ユーティリティー」。
縦サーマル。このヘビーな質感がしっかりとメンズライクにまとめてくれますね。

 

 

 

DSC_5015

DSC_5018

裾の両サイドはボタンで開閉する事が出来るのでボリューム調整を始め、
様々なアイテムとのレイヤードにも対応。

 

DSC_5020

更にはLOOKでもあったような合わせ方もして頂けます。

 

 

 

DSC_5023

サラリとカットソーに合わせたり、

 

 

 

DSC_5024

夏場にはTシャツに重ねても良いですね。

 

 

 

DSC_5029

BLOUSON : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
WEST COAT : Milok
PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
BOOTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

Milokが手掛けた現代的な装いにバッチリとハマるべスト。
最近リリースされていなかったアイテムでもあるので買い足しやすいかなと。

 

 

 

DSC_5032

DSC_5033

素材が綿100%のサーマル地なので他のプルオーバーアイテムの中に着こむのも◎
丈が長めなので絶妙なてレイヤードスタイルを演出してくれます。
上に合わせるアイテムに応じてボタンを開閉。Milok得意のデザイン+機能性ですね。

 

 

 

DSC_5035

また、夏場の装いの際に冒頭でも述べたように「プラス1」として加えると、

 

DSC_5038

こんな感じに。
ガラッと雰囲気にも変化が。
お手持ちのアイテムもより幅広い合わせをして頂けますよ。無茶苦茶使えます。

 

 

 

以上、

本日は「Milok」のユーティリティーウエストコートをご紹介。

 

なんでしょう、

Milokが掲げるようにヴィンテージに敬意を払いながら現代的にというさじ加減、

最高に上手なメーカーですね。

マニアックすぎる物が多いのですが。笑

こういったアイテムは薄着になってきても高揚感があってすごくテンション上がりますね。

そういう感覚は薄れちゃいけないなぁ~と最近は特に意識しております。

という事でおススメですよー!

 

 

ランボー

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」

しくお願いします。

 

MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。フォローして頂ければ幸いです!