15 Jan, 2017

やっぱりダウンが欲しい

冷え込む日が続いている訳ですが、

最低気温マイナス2桁は流石に堪えます・・・。

そんな時に恋しくなるのはやっぱり、

「ダウン」

でしょうか。

その安心感たるや、一度味わうとなかなか抜け出せません。

今回は、

 

DSC_8654

コチラをご紹介です。

 

 

 

DSC_8657

M-6365 KAWADA FEATHER×MR.OLIVE コラボ / 2WAY ビッグシルエットモッズコート

「河田フェザー」とのコラボレーションで生まれたダウンモッズコート。
その最高峰の河田フェザーダウンとMR.OLIVEがこだわり抜いた一着。 フランス産の高級羽毛を河田フェザーの技術で加工したものを使用し、メインマテリアルには打ち込みの良いタイプライター素材を使用。着用時バランスの良いゆるめのシルエットで仕上げる事で今っぽいスタイルとリラックスした着心地を演出してくれます。

 

 

 

DSC_8677

<about KAWADA FEATHER>

最高峰の技術と経験値を持つ河田フェザーは大手羽毛布団メーカーなどにダウンを卸していた源でもある。創業120年を超える日本ダウンの第一人者。

 

 

 

DSC_8651

DSC_8676

細かなキルティングにより、丈長ダウンでもスッキリと落ち着きが良いです。
その為、ダウンアウターながら狙った緩めのシルエットも活きるよう仕上げられております。

 

 

 

DSC_8660

 

 

DSC_8662

 

 

DSC_8650

DOWN MODS COAT : MR.OLIVE
CUT & SEW : MR.OLIVE
SHIRT : MR.OLIVE
PANTS : MR.OLIVE

この丈でダウン。正に冬を乗り切るという一着です。
それでいて「一見ダウンアウターに見えない」というのがポイント。
これ見よがしな物も多い中、あくまで「ファッションとして着るダウン」という着地点。
今季はそういったタイプが非常に多く、これからもその流れは続いてまいりますよ。
デザインベース自体をメンズウェアとして流行廃りの無いモッズコートにしているのもらしい一着ですね。

 

 

 

DSC_8666

 

 

DSC_8663

またフードを外すと、結構印象変わります。
個人的にはこの雰囲気も好みです。
天候や、装いに応じて使い分けれるディティールはガシガシ着るヘビーアウターには嬉しい所。
なんせ寒い時季は長いですもんね・・・。一番寒くなる2月が控えてると思うとゾッとします。

 

 

 

DSC_8670

 

 

DSC_8671

色違いで「ブラック」もございます。
非常に汎用性が高く、それでいて狙ったシルエットは気軽に羽織るだけでもこなれた洒落感を演出してくれます。
ご自身のスタイルに合わせた色をお選び下さいね。

 

 

 

DSC_8669

殆どのアイテムが「ラスト1点」となっているのですが、

コチラのダウンモッズもそうです!

何かと活躍してくれるあったかアウターですよ。

気になっている方はどうぞお買い得な時にお買い逃がしのないよう、お早めに。

おススメです。

 

 

ランボー

 

blog%e4%b8%8b16awsale

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!。またフォローして頂ければ幸いです!