23 Nov, 2016

パンツで広がるコーディネート

こんばんは。

ガツンと冷え込んだ本日。

この冬初の一日中氷点下だったのではないでしょうか。(たぶん)

ふとコーディネートを組むと

「寒いからコレで」

となりがち。

気が付くと冬って「いつも同じ服装」というケースも出てきますよね。

本日は、まず間違いないと言った、

 

dsc_7716

コチラのアウター、

「メルトンコート」

 

 

dsc_7706-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

トップスを、

「ニット」

「シャツ」

ベースにパンツでどう印象が変わるかを。

というと冬の軸。いずれも皆様身に纏うアイテムかと。

 

 

dsc_7707

ボトムにはこれまた皆様ボトムバリーションとして一本は持ってるかなという

「濃紺デニム」

を。

これからの時季はヘビーアウターをガシガシ着るので、

パンツは一番手っ取り早く印象を変えてくれます。

それでは早速比べて見て見ましょう。

写真、「左→右」にて変化を見て頂ければ!

 

 

 

 

1123-5

1123-1

「タイトな加工デニム」

DENIM PANTS : Lounge Lizard

タイトな加工デニムはスッキリとシャープなシルエットを演出してくれながら、肩肘はらない自然な装いにまとめてくれますね。アイテムとしてオーセンティックなだけに、よりお気に入りのアウターを引き立ててくれます。アウターはダークトーンという方が大半かと思いますが自然とメリハリをつけてくれるのも◎ 同じデニムでも随分とイメージは変わるものです。今回はわかりやすくスキニーを。

 

 

 

1123-6

1123-2

「トラウザーズ」

PANTS : Lounge Lizard

最近は所謂チノパンを合わせるような感覚でこういった「単品スラックス」が浸透してまいりました。
ストレッチ技術も進歩しておりますがので、気軽に穿けるというタイプも多いですしね。
これはわかりやすく雰囲気をどこかクリーンな印象に。
カジュアルなブルゾンなどは狙った装いに、メルトンのコートなどは雰囲気に統一感を出してくれる優れ者です。

 

 

 

1123-7

1123-3

「カーゴパンツ」

PANTS : MR.OLIVE

当店でもレジェンダリーな一本として活用して下さっている方も多いコチラ。
男らしい面構えながら、現代的なシルエットで整えられている万能パンツ。
加工デニム同様こなれ感を演出しやすく、とにかく「ブラック」との相性も抜群という事から冬も大活躍。
細身ながら感動的なストレッチ性を誇るコチラは穿くとやられる一本ですね。個人的にはすっかりボトムバリーションに欠かせなくなってます。笑

 

 

 

1123-8

1123-4

「イージーパンツ」

PANTS : THING FABRICS

様々なメーカーがリリースしているパイルアイテム。THING FABRICSはそこに特化してるので生地もシルエットも別格ですね。
生地感シルエットが自然とメリハリを加えてくれるのとパイル地ならではの表情が雰囲気抜群。
今回のような「シャツ+ニット+コート」という定番スタイルにもリラックス感を加えてくれる大人な一本。
長い冬のボトムバリエーションとしてこういった合わせも結構良いものですよ。

 

 

 

という事でいかがでしたでしょうか。

結構雰囲気変わりますよね。

アウターをお探しという方はピンポイントですが、

それ以外のアイテムをという方はこの時季何にしようか悩むものです。

先週の「インナー特集」同様、

パンツを加えるにも良い時季ですね。

 

 

dsc_7745

COAT : Lounge Lizard
CARDIGAN : Lounge Lizard
SHIRT : Lounge Lizard

お気に入りのアウター、トップス類もまた違った印象で着る事が出来るので、

コーディネートのバリエーションを広げてくれますよ。

またパンツってちょっとしたシルエット、

ちょっとした丈のバランスで時代が反映されやすいので、

雰囲気を始め、手っ取り早く今っぽい装いには整えてくれます。

是非店頭にてご確認下さいね。

 

 

ランボー

 

ONLINE-LOGO01

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!。またフォローして頂ければ幸いです!