23 Sep, 2016

秋の装いスペシャル

こんばんは。

本日はタイトル通り、

「秋の装いスぺシャル」

です。

最高気温も20℃下回ると流石に寒さを感じてきますね。

僕も本日はニットに薄手のコートを着て出勤。

体感としても丁度良いですし、季節感としても丁度良い感じです。

また、

今回も季節感を盛り上げてくれる、

「レザーバッグ」

を加えて。

コーディネートがグッと秋らしくなるので気分変わります。

それでは早速ご確認下さい。

 

 

 

 

「その1」

dsc_3906

JACKET : MR.OLIVE
BASE BALL SHIRT : THING FABRICS
SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
PANTS : THING FABRICS
LEATHR BAG : MR.OLIVE E.O.I
SHOES : MR.OLIVE E.O.I(色・サイズ受注会開催中)

カッチリと着るジャケットも良いですが、抜け感あるジャケットスタイルも良いものです。
「ジャケット+イージーパンツ」は当店オープン以来の定番スタイルですね。

 

 

dsc_3902

「インナー」

上下ともにTHING FABRICSのパイルウェアを合わせております。
今季様々な型が加わり、ファッションアイテムとしても取り入れやすくなりました。
汎用性抜群のベースボールシャツタイプ、今回はライナーを加える感覚で。ジャケット脱いでも雰囲気良いです。
個人的にジャケット類と合わせる際はシャツをかませたくなりますね。

 

 

dsc_3912

「パンツ」

新型の「ナイトパンツ」。スッキリテーパードシルエットがバランス良いです。
またパイルならではの毛足があるのでスウェットパンツとは異なり、見た目にも奥行が生まれ装いにメリハリが。
ラフにロールしてもバランス良いのでローシューズ等と合わせても良いですね。

 

 

dsc_3908

「バッグ」

お気に入りの「アクティビティショルダー」を。
都会的なデザインでありつつ、牛革という事で装いもアクティブな印象すぎず、落ち着きのある秋の装いにまとめてくれます。

 

 

 

 

「その2」

dsc_3897

LEATHER JACKET : FACTOTUM JEANS
KNIT : FACTOTUM JEANS
PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
LEATHER BAG : MR.OLIVE E.O.I
BOOTS : MR.OLIVE E.O.I(色・サイズ受注会開催中)

言わずもがな主役アイテムのレザー。
潔く上下共にブラック、靴、バッグもブラックで。ブラックスタイルでもカーキのタートルがこなれた印象にまとめてくれます。しかしこのニット、「黒」との相性ずば抜けて良いですね。

 

 

dsc_3900

「インナー」

首回りにボリュームを加えてくれるタートルネックのニット。
自然と全体のバランスをまとめてくれます。また入荷時にも書いたよう、コットン素材&ミリタリーニットデザイン&袖口、裾のリブを廃したデザインなのでサラッと使えますね。肩が落ちる狙った型なのでメインで着ても◎

 

 

dsc_3894

「パンツ」

ここに来て大活躍のワイドパンツ。
無茶苦茶太いと思われがちなコチラ、穿くとすんごく落ち着き良いです。
シンプルな装いにもグッと洒落感を加えてくれますね。イージーディティールがこなれた雰囲気を加えてくれます。

 

 

dsc_3898

「バッグ」

バッグは極めてシンプルな「スタンダードトート」を。
レザーの質感が活きるシンプルなデザインかつメンズらしさの強いサイズ感がラフに持っても雰囲気良いです。
我々男はどうしても同じバッグをガシガシ使いがちですが、実際にこうして合わせるとコーディネートにおけるバッグの重要性に改めて気がつかされます。

 

 

 

 

「その3」

dsc_3914

JACKET : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
CUT & SEW : THING FABRICS
P/O SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
LEATHER BAG : MR.OLIVE E.O.I
SHOES : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

個人的にやろうと「していた」スタイル。実に無念です。涙
雰囲気抜群のKAZUYUKI KUMAGAIらしい絣ギャバを使用したセットアップスタイル。
インナーには定番チュニックシャツにTHING FABRICSの新作長袖を。このなんとも言えないグレーが良く合うんですよね。レイヤードもしやすくKAZUYUKI KUAMGAIのアイテムと好相性! 実に無念です。

 

 

dsc_3925

「インナー」

正にスウェットとセーターの中間のような感覚で使えるコチラ。
毛足も「ロングパイル」なので雰囲気満点です。裾もストンと落ちる型なので丈の眺めなKAZUYUKI KUMAGAIのシャツやカットソーと無茶苦茶相性良いんですよね~。ジャケットは無念でしたがこれはやろうと思います。

 

 

dsc_3923

「パンツ」

ジャケット同様の絣ギャバが目を惹く一本。
この絶妙なシルエットは正にKAZUYUKI KUMAGAIならではではないでしょうか。
リラックス感を感じつつも上質な素材が決してだらしなくは見せない!という仕上がり。

 

 

dsc_3918

「バッグ」

こういった雰囲気重視な合わせには雰囲気物のバッグという事で「ドレープトート」を。
あえて芯をいれていないので独自のクタリ感がすんごく魅力的。
レザーの質感も良く活きるので経年変化もわかりやすいコチラ。スタイルのイメージがつきやすい事もあり、おかげ様で評判良く、昨日追加してもらったので早い者勝ちです!

 

 

 

 

「その4」

dsc_3937

COAT : WHITE LINE
CUT & SEW : WHITE LINE
PANTS : WHITE LINE
LEATHER BAG : MR.OLIVE E.O.I
SHOES : MR.OLIVE E.O.I(色・サイズ受注会開催中)

ようやく着れるコチラ。テンション上がります。
まずはコットン面を表が良い感じでしょうか。この丈が使いやすい&雰囲気まとめやすいですね。
例のボアカットソーで狙った装いにサクッとまとまります。

 

 

dsc_3930

「インナー」

アレ?これついこの間も書いた気がしますが、目は惹くのですが、使いやすすぎてついつい着ちゃいます。
スヌードはお好みで脱着して下さい。メインで着る際はもうつけてても良いと思いますよ。

 

 

dsc_3933

「パンツ」

一年中人気なデニムですが、コーディネートとしては「こなれ感」を出しやすいので結構秋冬買い足すという型が多いですね。おかげ様でもうちょっとしかないのですが、このWHITE LINEのデニムもやはり大人気。これからトップスが重たくなり、目線もトップスへ向くのですが「頑張ってる感」を中和してくれるのでなんだかんだ一番使うのがやはりデニムでしょうか。

 

 

dsc_3940

「バッグ」

前回のTRUNK SHOWの際、散々さわいでいたコチラの「2WAYワーク&ボストン」
なんでしょう、このバッグの持つ雰囲気は尋常じゃありません。
大容量ではありますが、あえての普段使いも是非してもらいたいですね。牛革のこのサイズでこの値段は破格すぎです。

 

 

 

 

以上、

本日は「秋の装いスペシャル」でした。

本当最近、コーディネートを組むのが楽しくて仕方ないです。

やっぱり存分に楽しめる時季です。

どうしてもお決まりな合わせになりがちな夏の反動か、

秋はよりその人らしさが出るので見ていても楽しいものです。

「え、何着よう・・・」

「何合わせよう・・・」

とお悩みの方に少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

 

はい、

 

 

eoi-trunkshow16aw

「E.O.I TRUNK SHOW」

いよいよ、

「残り2日!!!」

バッグがずば抜けて人気ですが、

 

dsc_3599

靴も現物を見ながら「型、色、サイズ」を確認しいただき、

注文できる機会は滅多にございませんのでどうぞお見逃しなく!

需要と供給が釣り合っていないのは人気の証拠ではありますが、

ご注文お受けした順のお渡しとなりますので、

「これから」

とお考えの方はどうぞお早めに。

「正に今」

選んでおきたいアイテムです。

 

 

ランボー

 

ONLINE-LOGO01

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!。またフォローして頂ければ幸いです!