18 May, 2016

ショートパンツの決め手はシルエット

こんばんは。

先日のBLOGでもチョロッと書きましたが、

そろそろご紹介しようと思います。

はい。

「ショートパンツ」

です。

最近休日は街中をうろうろしているのですが、

暖かな気温もあってか穿いている方も多かったです。

快適&涼しげに装いもまとまるので毎年買い足しちゃいます。

それでは早速。

 

 

 

「KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT」

DSC_9059

KP61-018 Ny/Coタッサー サルエルショートパンツ

横軸の太いタッサー地を使用したサルエルショートパンツ。
コットン×ナイロンベースのハリ感のある生地が着用時より立体的なシルエットを演出してくれます。 イージーディティールを加えながらも大人っぽい雰囲気で仕上げたKAZUYUKI KUMAGAIらしい一本です。

 

 

 

DSC_9062

コットン糸と「速乾性のあるナイロン糸(サプレックス)」を交織させ織りあげたこだわりの生地。
サラリと着用感も良くドライな穿き心地です。

 

 

DSC_9063

こういったタイプのショートパンツでもフロント部分は釦。
KAZUYUKI KUMAGAIらしいディティールです。

 

 

DSC_9066

ウエスト部分には裏にゴムを配する事により、着用感良く仕上がっています。
ある程度融通が利くのも嬉しい所。素材に加えてこういったディティールでも着用感の良さを高めてくれています。

 

 

DSC_9060

DSC_9061

物だけ見るのと、実際に穿いてみるのとではその印象は段違い。何かショートパンツをとお探しの方、
コレは穿かない手はないですよ・・・!!!

 

 

DSC_9022

DSC_9025

DSC_9026

股上を深く、ゆとりを持たせた大人っぽいシルエット。
すっかり春夏のパンツバリエーションとして定着しているだけにこういった狙ったバランスは差がつきやすいですね。
「狙ったショートパンツ」を選ぶのが春夏の楽しみの一つなのですが、コチラは選びやすいです。笑顔
他とかぶらない生地感・シルエット・雰囲気いずれをとっても文句なしの仕上がりです。

それではコーディネートを。

 

 

 

DSC_9030

P/O SHIRT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
SHORT PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
HAT : ATTACHMENT

表情豊かな生地使いのショートパンツは存在感あります。
季節感のあるリネンベースのプルオーバーシャツを合わせてリラックス感のある装いに。
落ち着いた色合わせにする事で抜け感はありつつも都会的な印象にまとまります。

 

 

 

DSC_9036

SHIRT : ATTACHMENT
TEE SHIRT : FACTOTUM JEANS
SHORT PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
KNIT CAP : ATTACHMENT

コチラはトップスを白で統一。
春夏はやっぱり映えるものです。羽織ったシャツもインナーのTシャツも白でまとめてシンプルな合わせに一捻り。
モノトーンスタイルながらキメキメにならない大人の余裕を感じさせる合わせを意識しました。

 

 

 

DSC_9040

TEE SHIRT : WHITE LINE FC
SHORT PANTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

とことん暑いとこういった装いにも自然となりますよね。
アイテム合わせは夏らしくしつつ、色合わせで街着として薄着でも映えるように。
折角の夏らしい服装もただあの人「暑いんだなぁ~」とならないよう。
まぁ夏日ともなると暑いんですけどね。笑

 

 

 

以上、

本日は「KAZUYUKI KUMAGAI」のショートパンツをご紹介致しました。

既にゲットしてくださっている方も多いKAZUYUKI KUMAGAIのショートパンツ。

発売が早かったですからね。

まだという方は是非お試しを。

「狙い」

がわかりやすい一本ですよ。

是非店頭にてご確認下さい。

 

 

 

<つづき>

 

 

「春夏の要~本日のamp japan~」

DSC_9054

15A0-308 エターナルフェザーバングル ”ナロー”

15A0-200 エターナルフェザーリング

真鍮の線材と板材をロウ付けしフェザーのシルエットにカットして仕上げたバングルとリング。
その後たがねで柄を彫り、リポウズと呼ばれるバングル自体に凹凸をつける伝統的な手法で作られるハンドメイド感に拘った逸品です。

 

 

DSC_9051

はい。手首、指に適度なさじ加減でネイティブアメリカンジュエリーの雰囲気を加味してくれるコチラ。
全身ゴテゴテというより、現代的な装いな中さりげなく手首や指に加えているという位が洒落てますよね。
職人気質溢れる「amp japan」らしい伝統的な手法を用いて作られたコチラは雰囲気も抜群です。

 

本日ご紹介したショートパンツ同様この時季「そそる」!

お手持ちのブレスレットやリング等とお気に入りの組み合わせて身に着けて頂ければ、

暑い時季もテンション上がるものです。

 

 

ランボー

 

ONLINE-LOGO01

 

友だち追加数

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!
様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくお願いします。

 

<MATILDA instagram>

BLOGやFacebookとは異なる「instagram」のみのMATILDAに関する写真を投稿しています。
是非ご確認下さいませ。またフォローして頂ければ幸いです!。またフォローして頂ければ幸いです!