12 Nov, 2012

スタイリング

秋の夜長とはよく言ったもので、夕方4時には暗くなってきましたね。

 

くわえて毎日の雨。

 

今年はあまり北海道らしい「秋晴れ」を拝めていない気がします。

 

 

 

お久しぶりです。

 

 

澤山です。

 

あまりにも久しぶりなので、文章能力が著しく低くなっており。

 

ご注意い下さい。

 

寒くなり、アウターの種類も例年よりも多めという事で、着たいものがたくさん。

 

その中で、今季の気分の2パターンを。

 

ちなみに、いつも工藤が綴っているような「詳しい説明」などはありません。

 

 

なんとなく、雰囲気で見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PART1

 

 

COAT:Mr.OLIVE

 

今年になってようやく日の目を見た感がある、チェスターコート。

 

クラシックなタイプで、身幅もあるのでスーツで通勤の方にはとにかくおススメしてます。

 

 

 

 

 

 

KNIT:FACTOTUM
PANTS:FACTOTUM
HAT:Mr.OLIVE
GLOVE:LOUNGE LIZARD

 

インナーはダブルのショールカラーカーディガン。

 

あまり見られないデザインですが、スッキリとしていて良いです。

 

このタイプのコートにはやはりボーラーハット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PART2

 

 

BLOUSON:LOUNGE LIZARD

 

毎年出ますが、ここ数年避けていた人が多かったカラー「ブラック」。

 

シンプルかつ思いっきり男臭いデッキジャケットで。

 

肉厚コットンなので、最初は硬いです。

 

でも、それがいい!

 

 

 

 

 

 

KNIT:LOUNGE LIZARD
PANTS:ATTACHMENT
CAP:LOUNGE LIZERD

 

インナーは大柄のニットセーター。ちょっと派手目を。

 

パンツはクラッシュデニムで、まぁあれですよ。

 

ベタですけど、一番まとまりが良いので好きです。

 

以上今年の秋、冬のスタイルでした。

 

正直、若いころほど必死にお洒落に考える事が無くなりました。

 

しかし、それは「やめた」ではなく、「当たり前」になったのかなと思っています。

 

2年前にお店がオープンして、親しいお客さんでも何人か「当たり前」になった人が思い当たります。

 

そんな人達に共通して言えるのが、毎週のようにお店に遊びに来てくれる事。

 

僕や工藤と話し、あれこれと話しながら着る服を決める。

 

もちろん、人それぞれのセンスがあるので一概には言えませんが、

 

うちのお店に来てくれる人は僕や工藤と同じ趣味、趣向。

 

これからもきっと新しいお客さんと、新しいスタイルが生まれてくると思います。

 

 

 

 

 

澤山

 

 

 

やはり、久しぶりに書くとなんか変な感じ…。