06 Oct, 2014

暖か生地コート

今日はニットにブルゾンで出勤したのですが、

普通に寒かったです。

冬が徐々に近づいている感じがします。

全然関係ないですが、11月2日生まれの私。

毎年その前後くらいに札幌市内でも雪がちらつきますね。

もうじきです。

なんだかんだとアウターをお探しの方が多かった先週末。

という事で紹介を控えていたアウター達にもそろそろ登場してもらいましょう。

それでは早速。

 

 

 

 

 

「KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT」

DSC_6848

KC42-082 DOUBLE KNIT 2B FOODED COAT

ウール×ナイロンのダンボールニット地を使用したフーデットコート。
2重構造で保温性にも優れた素材です。 前立てにまで配したフードは脱着可能。
タイトル通り着方次第で様々な雰囲気に。

 

 

 

 

 

DSC_6847

「ダンボールニットってなんですか??」

とよく聞かれますので簡単にご説明致します。
さっくり言ってしまうとダンボールの断面をイメージして頂くとわかりやすいかなと。
生地自体、表裏で2枚の生地を合わせて編む事で空間に空気の層ができる保温性の高い生地です。
生地感も柔らかで垂れ感も綺麗に出るので、丈長のコートに使う生地として好相性と言えます。

しかもKAZUYUKI KUMAGAIのコートが好きな方はご存じの通りの仕立ての為、
ダンボールニット地が表と裏で使用されております。
単純に通常の仕立てよりも「約2倍」暖かという事に。

先程も書いたよう、コチラのコートは様々な着方が楽しめます。
という事でさっそく実践してみましょう。

 

 

 

 

 

DSC_6826

COAT : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
TURTLE NECK CUT & SEW : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT
PANTS : WHITE LINE
BOOTS : KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT

サラッと羽織るとこんな感じ。
KAZUYUKI KUMAGAIらしいお馴染のフーデットコートのバランスです。
今季当店では取扱いしておりませんが、定番のフーデットコート着なれている方は馴染みあるかと。

 

 

 

 

 

DSC_6830

脱着可能な前立て部分のみ留めて着ると・・・

 

 

DSC_6829

こんな感じです。
新感覚のレイヤードスタイルが手軽に完成。
やはりKZUYUKI KUMAGAIの新型コートは一味違います!

 

 

 

 

 

DSC_6831

さらにメインの前立てを留めると・・・

 

 

DSC_6832

こんな感じです。ビシっと留めてもバランスの良さは変わりません。
またダンボールニット地特有の着用感の良さもありストレスレスで着てもらえます。

 

 

 

 

 

DSC_6834

DSC_6835

完全に脱着可能な前立て部分を外すと・・・

 

 

DSC_6836

DSC_6839

シンプルなチェスターコートに。
正に使えるディティールですね。冬は長いので様々な着方が出来るのは嬉しいです。
一枚で何度美味しいがわかりません。笑

 

 

 

 

 

DSC_6843

シンプルというだけでなくKAZUYUKI KUMAGAIならではのディティールが配されているので、
雰囲気重視な着方も勿論して頂けますよ。

 

 

 

 

 

という事でダンボールニット地のコートをご紹介致しました。

「ダンボールニット」って響きがちょっとアレだなという方もいらっしゃるかもしれませんが、

マニアックな素材、そそる素材って得てしてそういうものですよ。笑

 

 

DSC_6845

自然かつ綺麗なドレープも丈長コートの見せ所ですが、

ダンボールニットはその点も安心出来ますね。

是非店頭にてご確認下さい。

 

 

 

KAZUYUKI KUMAGAI商品一覧<オンラインショップ>

 

 

 

ランボー

 

友だち追加数

 

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!

様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくです!

  • 18 Aug, 17

    リラックス感のあるセットアップ

    DSC_7944
  • 20 Aug, 17

    久々に気まぐれコーディネート