28 Sep, 2014

いろいろ嬉しいコート

こんばんは。

この週末も皆様ご来店ありがとうございました。

皆様見事に、

 

「アウター」

 

ですね。いやぁ、まぁ、もう数日で10月ですからね。

アウターの紹介もバンバンしていきましょう。

それぞれのブランド、気合い入れて作り込んでいますので。

 

 

 

06-2

という感じの方が多いですが、

とにかくバリエーション豊富な今、

 

 

「どんなの買ってよいやら」

 

 

という方もいらっしゃいます。

そういった方々に少しでも参考にして頂ければ幸いです。

では早速!

 

 

 

 

 

「Lounge Lizard」

images23

no.5505 WOOL KNIT HOODED COAT

柔らかく、ストレッチ性のあるウールニットを使用したモッズタイプのコート。
いわゆるミリタリーのモッズコートに、今年注目のダッフルコートのディテール加えて、落ち着いた大人の印象に。
タイトシルエットながら保温性の高いシンサレート中綿を使用している為、秋から冬まで着る事の出来る一着。

 

 

 

 

 

DSC_6561

DSC_6564

DSC_6565

DSC_6562

これは袖を通した方はご存じの通り、かなり大人っぽいバランス。
適度なゆとり感も雰囲気よくまとまるよう計算されています。

 

 

 

 

 

DSC_6571

裾はモッズコートでお馴染の「フィッシュテール」

 

 

 

DSC_6533

そしてフードには「ボア&ファー」

 

 

 

DSC_6586

フロントにはダッフルコートでお馴染の「トグル」

 

 

 

DSC_6567

Loungeのアウターではお馴染の防寒性に優れた「シンサレート」

 

 

 

DSC_6569

フラップ付きパッチポケットにはサイドに「ハンドウォームポケット」

 

いやぁ~、

 

 

 

 

 

 

 

 

「良い所が凝縮したコートですね!!!」

 

それでいて上手くまとまっているのは流石Lounge Lizard。
これは迷う必要無しです。
モッズっぽくも着れますし、ダッフルらしくも着れます。
細かいのですが、以下のディティールは嬉しかったですね。

 

 

 

DSC_6534

DSC_6535

DSC_6536

DSC_6537

おわかりいただけたでしょうか?
脱着可能なファーはスナップボタンで留まっているのですが、
しっかりと外した後に見えなくなるよう仕立てられています。
本当、こういう所って大事ですよね。

こういう「脱着可能」なアウターって、事実脱着しないで着るというケースが多い現状。
しかし、細かくはありますが、こういった配慮によりどちらのパターンでも活用できますね。
という事でどちらのパターンも着てみましょう。

 

 

 

 

 

DSC_6524

「カジュアルに」

COAT : Lounge Lizard
DENIM BLOUSON : Lounge Lizard
PANTS : Lounge Lizard
BOOTS : MR.OLIVE E.O.I

 

 

 

DSC_6547

「小綺麗に」

COAT : Lounge Lizard
SHIRT : Lounge Lizard
PANTS : MR.OLIVE
SHOES : MR.OLIVE E.O.I

「カジュアルに」ではモッズコートを着るのと同様にコーディネート。
「小綺麗に」ではファーを外しダッフルコートを着るように合わせました。
とにかく汎用性が高いコチラ。
物としての使いやすさを始め、幅広い雰囲気の装いにもハマってくれる一着です。

 

 

 

 

 

という事で本日はLounge Lizardの万能コートをご紹介致しました。

もう、

 

 

 

「迷ったらコレ!!!」

 

 

 

という一着ですね。

また「Lounge Lizardのコートは持っている」という方も、

この手はお持ちではないかと。

そういった面でもおススメしやすいです。

この週末でも随分アウターは姿を消しました。

まだという方は揃っている時に是非是非。

 

 

 

Lounge Lizard商品一覧<オンラインショップ>

 

 

 

ランボー

 

友だち追加数

 

MATILDAの「LINE」にて情報配信中!

様々な情報を配信致しますのでどうぞ「友達追加」宜しくです!